島さんの株投資

2018年6月から株はじめました。軍資金80万円でスタートです!

イブに会社四季報を買ってる人を見かけたら、それは僕です。

こんにちは。

 

今回の会社四季報は買う予定なかったんですけど

急にほしい理由ができて買いにいったら、、、

今日はクリスマスイブだったんですね(笑)

存在すら忘れてしまっているとは

まあ毎年のことですけど(笑)

でも思ったよりカップルがいなかったような・・・←現実逃避

 

f:id:shima_tatsuya:20181224232208j:plain

 

さて、会社四季報が欲しくなったのは

ETFの一覧が見たかったからです。

先日の日経平均ダブルインバースの件から

ETFに急に興味を持ちまして

そういえば、会社四季報に一覧が載ってたことを

思い出して、ソッコ買いに行きました。

(僕は過去の四季報は読んでしばらくしたら捨てちゃう方なので・・・)

 

最近まで投資信託って確定拠出年金のファンドの投資方法ぐらいにしか思ってなくて

(外国株50%日本株50%みたいなの会社でやりました)

個別株みたいに売買できるなんて知りませんでした(ETF)。

個別の株より一日の売買代金が少ないので

みなさんも知らないのではと思います。

 

ジム・ロジャーズが本で「近年は個別銘柄に投資だけではなく

ある分野に絞ったETFもでていて投資しやすくなった」って言ってました。

ジム・ロジャーズについては今度書評を書きますので

そちらも読んでみてください。

 

たとえば、これからはインドが成長すると思っていて

投資したくても手段がないですよね?

そうゆうときには、インドの市場で運用しているETFに投資すれば

インドの成長とともに上がってくれます。

ファンドマネージャーがインドの企業で運用してくれます。

それで会社四季報で確認してみたんですけど、

すごい種類が多かったんです!

 

まず、日経平均、TOPIX、ジャスダック、マザーズにそれぞれ連動するETF

日経平均とTOPIXのインバース系ETF(逆張り)

それから17の業種に連動したETF(銀行、食品、電気機器・・・)。

設備投資、人材投資に積極的な企業を対象のETF

女性活躍度の高い企業を対象のETF

再生可能エネルギーに力を入れている企業を対象のETF

なかなか時代に合ったETFもでていていいですね。

海外の市場では、アメリカではダウ、S&P500、ナスダックに連動系。

中国、ASEAN、新興国、インド、南アフリカ、ロシア、韓国、タイ、マレーシア、EU、イギリス、スイスのそれぞれに連動系。

アメリカ、中国、韓国、インドのみインバース系ETF(逆張り)があります。

国債に対するETF。などなど。

さらに、経済にまつわるものだけでなく

物にも投資できるんです。

 

金、銀、プラチナ、バラジウム、エネルギー、農産物、穀物、天然ガス、原油アルミニウム、銅、ニッケル、小麦、トウモロコシ、大豆に連動系。

こちらは天然ガス以外は取引が多くないため、現実的ではないかもしれませんが

長期的な投資であれば、逆に人が注目していない証拠なので

仕込んで持っておくのもいいかもしれませんね。

また、僕は興味ないのですが、不動産投資で運用している

REITETFの情報もありましたよ。

 

日本にいながら世界に投資ができる。

そう思った聖なる夜でした。

 

僕はこれからも広がった選択肢の中から

時代の流れに合ったものに投資していこうと

思います。

また、購入したら、ブログ書いていきます。

会社四季報 2019年 1集・新春号 [雑誌]

価格:2,199円
(2018/12/24 23:22時点)
感想(3件)

 

↓↓書評ブログもやってるので宜しくお願いします。↓↓

 

www.shimasyohyou.com

 

島達也 (@shima_tatsuyaf) on Twitter

 

現物キャンペーンバナー

現物キャンペーンバナー

↓↓書評ブログもやってるので宜しくお願いします。↓↓

www.shimasyohyou.com

島達也 (@shima_tatsuyaf) on Twitter